行政書士通信講座のおすすめランキング10選!合格率で比較【2024】

最終更新日:2024-01-25
行政書士通信講座のおすすめランキング10選!合格率で比較

行政書士は国家資格の一つで、例年合格率10%前後の難易度の高い資格です。出題内容には民法や憲法・商法など法律の分野以外にも、一般教養や時事問題など幅広い知識が必要とされます。

一般的に、行政書士資格取得には800時間の学習が必要とされています。下記の学習期間計算ツールを利用すると、本日から学習を始めて800時間後の日程が表示されますので、総学習時間の箇所には「800」と入力してご利用下さい。

学習期間計算ツール

行政書士資格の令和6年度の試験日は11月10日(日)の予定ですので、少し余裕を持って学習に取り組みましょう。試験の詳細については行政書士試験研究センターから確認できます。

また、本記事でおすすめの講座として紹介するアガルートの行政書士通信講座は今なら無料体験実施中ですので気になる方はチェックしてみて下さい。

>> アガルート行政書士講座の無料体験はコチラ

合格率が高く、初心者の方でも安心して受講できる行政書通信講座のおすすめランキングは以下の通りになります。

各行政書士通信講座の概要を紹介後、講座選びのコツについても解説します。

行政書士の取得を目指していたり、これから受講しようと考えている方に向けた内容も記載しておりますので、ぜひ最後までお読み頂きお役立て下さい。

行政書士通信講座おすすめランキング10選!合格率で比較

行政書士通信講座の合格率を比較したグラフ図

行政書士通信講座を選ぶ際のポイントとして、試験の合格率が挙げられます。合格率が高ければその分、試験にお合格する可能性が高かったり、数値を出すことで講座としての信頼度が上がります。

本記事で紹介した行政書士通信講座の中で、合格率が公開されているサービスは以下の通りです。

行政書士通信講座合格率
アガルート56.17%
フォーサイト54.1%
スタディング30.71%
ユーキャン18%前後
LEC31.03%

行政書士通信講座の中で、合格率が高くおすすめなのはアガルートとフォーサイトです。それぞれ合格率が50%以上を誇ります。アガルートは昨年の行政書士試験で296名の合格者を輩出しています。フォーサイトの通信講座は累計37万人に利用された実績があります。

それぞれにメリットや強みがあり、具体的に提供するサービスが異なります。行政書士通信講座を選ぶポイントの一つとして、受講を考えているなら合格率の高いアガルートとフォーサイトはチェックしておきましょう。

>> アガルート行政書士講座の無料体験はコチラ

1位:アガルート

アガルートの行政書士通信講座
受講料金183,040円〜
合格率56.17%
割引きキャンペーン・教育クレジットローン分割払い12回まで手数料ゼロキャンペーン
・20%オフセール

アガルートの行政書士通信講座は、合格に必要な様々な情報を詰め込んだサービスです。合格者数は全国で296名、合格率は56%以上です。これらの数値は行政書士試験の全国平均に比べて、約5倍の数値になります。一発で合格したし人の数は296名であり、勉強会しから1年以内の合格者実績は92%以上の驚異的な数値を誇ります。

アガルートの行政書士講座は利用者の状況や希望に合わせて、初学者・中上級者・上級者の3つのパターンを選択できます。学習経験や受験経験に応じて複数の講座やカリキュラムを構築するため、最適かつ最短のルートで合格を目指せるでしょう。

また、アガルートの行政書士講座には実績のあるプロ講師が多数在籍しています。理解に時間を要する法律の学習も、プロ講師の巧みな説明で楽しみながら覚えられるので、受講者から高い支持を獲得しています。

さらに、アガルートの学習カリキュラムには、手厚いフォロー制度が整っています。例えば、無料の質問制度やYouTubeライブを活用した受講生参加型のコンテンツなど、幅広いフォロー制度で学習のサポートが可能です。

もちろん、講座で使用するカリキュラムは行政書士試験の過去問を分析し、試験で問われる可能性がある内容だけをピックアップしています。そのため、試験の出題カバー率は95.65%であり、合格に必要な情報だけを身につけられるでしょう。テキストの内容はオリジナルフルカラー隣、試験対策に限定した情報が凝縮されているため、非常に学びやすい環境が整っていると言えます。

講座の受験料に関しては、期間限定の20%オフキャンペーンが開催されています。教育クレジットローンを活用すれば、分割払いが12回まで手数料無料になるため、無駄なコストを抑えて行政書士通信講座を受講できるでしょう。

アガルート行政書士講座のお申し込み

2位:スタディング

スタディングの行政書士通信講座
受講料金ミニマム(一括):34,980円
スタンダード(一括):44,000円
コンプリート(一括):59,400円
合格率30.71%
割引きキャンペーン受講料10%オフキャンペーン

スタディングの行政書士講座はスマホがあれば、隙間時間で学習を続けられるサービスです。講義動画満足度は89%以上、続けやすさを実感した受講生は91%以上にも上ります。

講座の料金プランは3つに分かれており、受講料は34,980~59,400です。コースごとに提供する内容が異なり、ミニマムプランはスモールスタートに最適化されており、コンプリートプランは基礎から総仕上げ・模試まで対策が可能です。行政書士試験の学習スケジュールや希望に合わせてプランを選択できるのは、スタディングの特徴と言えるでしょう。

また、スタディングの行政書士講座はスマホを活用した隙間時間で学ぶスタイルです。テキスト・問題集・講義をすべてスマホから受講できるため、移動中やカフェ・自宅など場所を選ぶことなく学習を続けられます。講義動画は1動画あたり約5〜15分となり、単元ごとに細かく区切られています。細切れで講義を受講できるため、時間を気にすることなく隙間時間で学びやすいでしょう。

さらに、スタディングでは基本的な内容だけではなく、過去問対策や試験に出やすい問題だけを厳選。試験位でやすい民法や行政法の比重をあげており、科目ごとに時間を絞った講座設計になるため、効率的に学習を進めることが可能です。独学では学びにくい点数に直結するテクニックなどもカリキュラムに組み込んでいるため、試験合格に注力した学習ができます。

スタディングだけで行政書士試験対策を完結できるよう、13年分テーマ別過去問集や論点整理にフォーカスした問題、合格答練・合格模試などのサービスを提供しています。教材以外にもAIサポート機能を搭載しているため、理解度に合わせた問題のリマインドや苦手な問題の徹底対策などをしてくれます。学習状況に応じて自動でレポートを作成してくれるため、進捗具合が可視化されて学習時間がやる気に直結します。

本契約の前に行政書士講座の無料お試しサービスも提供しているため、気になる人はスタディングをチェックしてみてください。

スタディングのお申し込み

3位:フォーサイト

フォーサイトの行政書士通信講座
受講料金基礎講座:51,800円
過去問講座:51,800円
直前対策講座:10,800円〜
ペースメーカー答練講座:21,800円
バリューセット:54,800円
バリューセット2:76,800円
バリューセット3:94,800円〜
合格率54.1%
割引きキャンペーン資料請求で10,000円割引クーポン獲得

フォーサイトの行政書士通信講座は36万人以上が受講しているサービスです。合格率は54.1%であり、全国平均に比べて4.46倍の数値を誇ります。

フォーサイトの行政書士通信講座は初めて学習を始める人でもわかりやすいよう、独自のeラーニングツール「ManaBun」による学習スケジュールの設定が可能です。ManaBunを利用すれば初学者が陥りがちな何を・どの順番で・どれくらい学習すればいいかを設定してくれます。受講者のライフスタイルに合わせて学習スケジュールを設定してくれるため、無理なく行政書士の学習を進められるでしょう。

また、フォーサイトの行政書士通信講座はスマホやタブレット・PCで完結します。通勤時間や休み時間、自宅など少しの隙間時間で学習を続けられます。学校や仕事で忙しい人でも、フォーサイトを活用すれば隙間時間を有効活用できるでしょう。

さらに、フォーサイトの行政書士講座のカリキュラムは「満点主義ではなく、合格点主義」をモットーにしています。そのため、一般的に行政書士の学習時間は12ヶ月程度ですが、フォーサイトは約4ヶ月を合格できる期間と設定します。合格点主義でカリキュラムを作成することで、学習時間を省き短期合格が可能です。

もちろん、学習カリキュラムは楽しく学べるよう、フルカラーテキストで構成されています。デジタルテキスト以外にも、学習効果の高い紙媒体のテキストも利用可能。記憶に残る紙と隙間時間を活用できるデジタルを併用しながら、効率的かつ最適な学習を実現します。

フォーサイトでは学習カリキュラム以外にも、講師ブログやSNS・YouTubeなど様々なコンテンツを用意しています。楽しく行政書士の学習を続けられるサポートしてもらえるため、初めて勉強を始める人にもおすすめの講座と言えるでしょう。

フォーサイトのお申し込み

4位:ユーキャン

ユーキャンの行政書士通信講座
受講料金一括払い:63,000円
分割払い:3,980円×16回
合格率18%前後
割引きキャンペーン教育訓練給付制度の利用で最大20%の還付を利用できる

ユーキャンの行政書士講座は10年間の合格者数2,900名以上を誇るサービスです。無駄を省いた効率的なカリキュラム設計になっており、学習量を最小限にして初めて受講する人でも続けやすい環境を構築しています。

ユーキャンのテキストは「入門テキスト」と「応用テキスト」の2種るに分かれており、学習量を最小限にできよう内容を徹底的に絞り込んでいます。テキスト内はカラーイラストや図が豊富に記載されているため、理解しやすいようこだわり抜かれています。テキストは持ち運びしやすいよう片手で持てるコンパクトなA5サイズになっています。

また、ユーキャンの行政書士講座はテキスト以外にも動画講義が用意されています。動画は1本あたり平均6分のため、隙間時間に無理なく視聴が可能。講師の説明はテンポがよく電子黒板を使った見やすい説明が特徴的です。動画はテキストに連動した内容になっているため、無理なく理解でき学習効率を高められるでしょう。

さらに、ユーキャンでは講座との相性を調べられる相性診断サービスを提供。相性を調べることで自分に向いている資格なのかすぐに把握できます。特定の条件を満たしていれば教育訓練給付制度を利用でき、受講金額の20%が支給されます。ユーキャンのサービスサイト内で給付の条件を満たしているか調べられるため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

ユーキャンのお申し込み

5位:TAC

TACの行政書士通信講座
受講料金DVD通信講座:297,000円
受験経験者割引受講料:214,500円
行政書士 プレミアム本科生Plus(2024年試験向け):264,000円
合格率非公開
割引きキャンペーン早割キャンペーンによりコースごとに割引を適用可能

TACの行政書士通信講座は、1,759名の受講者が合格したサービスです。効率的合格カリキュラムやオリジナル教材を活用した実力派講師によるサポートを受けられます。

TACの通信講座は諸学者でも無理なく合格できるレベルへ押し上げてくれる、効率的合格カリキュラムを採用しています。早い段階で通信講座とミニテストによるインプットとアウトプットを行うことで、確実に知識が身につきます。独学では対策しづらい「記述式問題」もミニテストと実力完成講座によってカバーが可能。回答内容は講師が具体的かつ解説を踏まえた添削を実施します。

また、TACでは合格に必要な情報だけを業種し、最新の法改正にも対応したオリジナル教材を提供。基本テキストは必要な情報がわかりやすくまとめられており、何が必要なのかがひと目でわかります。教材はデジタル教材とWebトレーニングなども用意しているため、隙間時間やスマホ・タブレットを活用して学習を進められます。

さらに、TACに在籍する講師は長年の受験指導とノウハウを活用した実力派の講座を提供します。TACのカリキュラムでは、最初の講義から最終講義まで、同一講師がクラスを担当します。そのため、同じ講師に最初から最後までサポートしてくれるをは、非常に安心感と親しみを感じられるでしょう。TACでは少し早めに申し込むことで割引を受けられる早割サービスを提供しています。充実のフォロー体制で行政書士の資格取得を目指すなら、ぜひチェックしてみてください。

TACのお申し込み

6位:LEC

LECの行政書士通信講座
受講料金29,800円〜
合格率31.03%
割引きキャンペーン・無料お試しコース受講サービス
・書籍券3,000円分進呈キャンペーン

LECの行政書士通信講座が受講生満足度96.6%を誇るサービスです。2023年度LECの行政書士講座の合格率は31.03%となっており、平均数値よりも約2倍の実績を誇ります。

LECの通信講座は29,800円〜のはじめやすい価格設定となっており、1ユニットあたり約15分となるため、隙間時間で学習を進められます。法律の知識が一切ない初学者でも基礎から素早くインプットできる内容となっており、2,000問択一アプリや記述対策で合格率を高めます。厳選肢別一問一答アプリでは、全2,000問を一問一答○×形式で回答するため、素早く繰り返し学習が可能です。

また、LECのS式復習用オリジナルテキストは必要十分な情報を網羅した、全科目合わせて約300ページのボリュームを誇ります。不要な情報は削除し、必要な内容だけを厳選しているため、限られた時間でも効率的に復讐が可能です。LECでは無料で講座を受講できるコースを用意しているため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

LECのお申し込み

7位:キャリカレ

キャリカレの行政書士通信講座
受講料金一括49,600円
合格率非公開
割引きキャンペーンアンケート回答で受講料20%オフキャンペーン

キャリカレの行政書士通信講座は、120日間で合格を目指せるサービスです。キャリカレの通信講座では、万が一不合格だった場合は受講料の全額返金を実施しています。合格に対しての圧倒的な自信があるからこそできる、他にはないサービスと言えるでしょう。

また、キャリカレでは講師がマンツーマンで指導を行います。学習中の疑問は講師に直接質問できるため、独学では解決しづらい内容でもすぐに解消できます。インターネット環境があれば外出中や通勤中などの状況でも個別しどうを受けられるため、学習の手を止める必要はありません。

キャリカレの講座カリキュラムは約4ヶ月で合格できるよう設計されています。試験の出題範囲と出題形式に合わせて対策を行うため、初学者でも無理なく合格できる構成が特徴です。

さらに、キャリカレを利用して行政書士に合格すれば、2講座目を無料で受講が可能です。キャリカレでは100件以上の講座を用意しているため、一切のコストをかけることなく社会保険労務士などの関連資格の学習が可能です。初回利用でも受講料20%オフキャンペーンを提供しているため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

キャリカレのお申し込み

8位:伊藤塾

伊藤塾の行政書士通信講座
受講料金行政書士合格講座スタンダードコース:208,000円
行政書士合格講座速習生:188,000円
志水晋介の行政書士講座 初学者コース:248,000円
行政書士合格講座 一括配信コース:198,000円
合格率非公開
割引きキャンペーン・早期申込割引キャンペーン
・期間内受講料40%オフキャンペーン
・行政書士全対策講座25%オフキャンペーン
・海事代理士試験受験生 割引キャンペーン

伊藤塾の行政書士通信講座は業界トップレベルの豊富な講師陣がサービスを提供します。伊藤塾の学習スタイルは場所・時間を自由に選べるオンライン受講で学習をサポートします。

伊藤塾のテキストは秀逸な教材・テキストが整えられており、合格者で構成されたアシスタントが問題の研究・記述を行っているためレベルが高いです。テキストベースのカリキュラムだけではなく、インターネットで講義を配信しています。受講期間中は何度も講義を見直すことができ、倍速スピードでの視聴もできることから受講生の学習スタイルに合わせて活用が可能です。

また、オンライン受講だけではなく「通学オプション」と呼ばれる、教室で講義を受講するサービスも提供しています。行政書士の講座は通信講義だけではなく、対面での講義も受けられるため、リアルな熱気や緊張感を得られます。

さらに、伊藤塾専用のマイページを開設することができ、受講生一人ひとりの専用ページでサービスを受けられます。講師への質問制度やカウンセリング、スケジューリングなど様々なサポートが整っているいため、初めて行政書士を目指す場合でも安心です。伊藤塾には様々な割引キャンペーンも実施されているため、気になる人はぜひチェックしてください。

伊藤塾のお申し込み

9位:クレアール

クレアールの行政書士通信講座
受講料金初学者コース:65,910円〜
中級コース:57,240円〜
上級コース:50,400円〜
合格率非公開
割引きキャンペーンやる気コメントで受講料5,000円オフクーポン配布キャンペーン

クレアールの行政書士通信講座は、2024年度試験の最新法改正に完全対応したサービスです。法律初学者でも、できるだけ短い期間で学びやすく、最小の労力で試験合格を目指せるカリキュラムを構築しています。

クレアールの講義動画は約30分の構成となっており、必要な情報だけをコンパクトにまとめています。スマホやPCを活用して視聴できるため、好きなタイミングで講義の視聴が可能です。教材はテキスト・問題集が全て連動しており、チャプターごとに区切って学習ができます。テキストは2色刷りのシンプルなデザインであり、メモを書き込んで学習できるスペースも用意されています。

クレアールではサービスの一環として、追加料金なしで講師へメールで質問を受け付けています。答案の添削指導や学習計画に合わせたスケジューリングなどを用意。行政書士試験に向けた全般的な学習相談も受け付けているため、不安っっを解消しながら合格に向けて行動できるでしょう。

クレアールでは3つの受講コースを選択し、自分にあった内容で試験へ合格を目指せます。クレアールの講座はどのプランも教育訓練給付制度の対象となっており、試験に合格すればお祝い金として20,000円を進呈しています。

また、クレアールの最大の特徴として、一部プランでは「合格者返金制度」を採用しています。直近では2023年に行こう申し込みを行い、2024年の行政書士試験に合格した場合、受講料が全額返金されるのです。合格者返金制度の対象プランも多いため、合格すれば受講料の返金とお祝い金を得られるのはクレアールの大きなメリットと言えるでしょう。

クレアールのお申し込み

10位:資格の大原

資格の大原の行政書士通信講座
受講料金行政書士入門合格コース:193,000円
行政書士合格コース:188,000円
行政書士速修合格コース:168,000円
行政書士30合格コース:84,800円
行政書士30:59,800円
合格率非公開
割引きキャンペーン本試験経験者割引20%OFF制度

資格の大原の行政書士通信講座の特徴は、実績豊富な講師陣が最新の試験傾向を分析し、都度ベストな合格牛度を提供するサービスです。

資格の大原の行政書士講座は、通学タイプと通信タイプの2種類に分かれています。通信講座ではWebライブ機能を活用し、好きな場所からリアルタイムで受講できます。決められた時間・曜日に講義を受講するため、学習習慣やリズムの定着化が図れます。動画を単純に視聴するだけではなく、教室へ集まっている受講生を見ながら学習できるため、臨場感と孤独感を感じる心配はありません。

また、資格の大原の通信講座なら教室までの通学時間がないため、その時間を学習に充てられます。Web通信なら過去の講義を視聴可能です。スピード再生機能をや繰り返し再生ができるため、効率的に学習を進められます。

さらに、資格の大原では一問一答が全科目総計約3,000問用意されています。スマホ専用のトレーニング問題集を活用できるため、科目ごとに問題演習が可能。資格の大原では様々な受講コースやサポートが用意されているため、気になる人はぜひチェックしてください。

資格の大原のお申し込み

行政書士通信講座の受講料が安いだけで選ぶのは禁物

行政書士通信講座を「一番費用の安い講座」で選ぼうとしている人も多いでしょう。しかし、行政書士通信講座を受講料だけで選んでしまうと他に提供するサービスが合わないことがあります。

行政書士通信講座を選ぶ際のポイントは、以下のとおりです。

  • 講座は主にテキストか動画!自分に合う講座を見つけよう
  • 初心者は挫折防止の為にサポート体制の充実度を確認する
  • どうしても安い受講料で受けたい場合は分割払いを検討

それぞれ順に解説します。

講座は主にテキストか動画!自分に合う講座を見つけよう

行政書士通信講座を受講する際は、使用する教材が非常に重要です。日々教材を用いて学習を進めるため、講座の内容や教材が自分に合っていなければ、試験合格は難しいでしょう。

多くの行政書士通信講座は、メイン教材がテキストや動画になります。テキストベースの教材はで学習内容がまとめられており、講師のサポートを受けながら問題を解いていきます。動画講座の場合は再生機能や時間など、利用する通信講座によって詳細が異なるため事前に詳細を確認しておきましょう。

初心者は挫折防止の為にサポート体制の充実度を確認する

行政書士は難易度の高い資格のため、初心者は勉強が続かずに挫折してしまうケースが多いです。そのため、行政書士通信講座を初めて受講する場合は、サポート体制を十分に確認しましょう。

行政書士通信講座によっては、講師への質問受付やカウンセリングを実施しています。テキストの添削サポートを実施している講座もあるため、学習を続けられる環境なのか確認が重要です。

また、行政書士通信講座あ独自に提供しているWebサービスやスマホアプリなどが充実しているかの確認も欠かせません。利用できるツール含めてサポート体制となるため、講師へ相談できない時、自身で問題を解決できるツールあるかチェックしておきましょう。

どうしても安い受講料で受けたい場合は分割払いを検討

行政書士通信講座を費用重視で選ぶなら、分割払いを検討しましょう。講座によっては一括払いだけではなく、分割払いに対応しているケースがあります。分割払いを活用すれば、一度に大きなコストをしはららはないため、生活への影響を抑えられます。

また、行政書士通信講座の中には、教育ローンを活用して1〜36回までの分割払いを利用できることがあります。受講予定の行政書士通信講座が分割払いに対応しているか確認し、経済状況に合わせて選択すると良いでしょう。

令和4年度の行政書士試験の合格率は12.13%

2019年から2023年までの行政書士試験の合格率を表したグラフ図

行政書士資格は国家資格の中でも難易度が高く、令和4年度の合格率は12.13%しかありません。例年10%前後であり、難関資格の一つと言えるでしょう。

行政書士の試験には受験資格が不要なため、年齢や学歴・経歴に関わらず受験が可能です。一度取得すれば行政書士として、官公署に届ける書類の作成など法律関連の手続きが可能になります。

また、2023年(令和5年)度の行政書士試験の合格発表は2024年1月31日に行われる予定です。

合格するための勉強時間は一般的に800時間必要

行政書士試験に合格するための勉強時間は、一般的に800時間は必要と言われています。もちろんこっ人差はありますが、法律の予備知識が全くない状態であれば800時間、ある程度あるなら500時間全尾が目安です。

800時間勉強して資格取得を目指すなら、1日平均4時間勉強すれば7ヶ月で取得が可能です。平日会社で勤務しながら資格取得を目指す場合は、1日2〜3時間の勉強で取得まで12ヶ月程度かかると認識しておきましょう。

独学より通信講座を受講する方が合格率は上がる

行政書士試験の独学用教材

行政書士資格の取得を目指す場合は、独学よりも通信講座を受講した方が合格率は上がります。行政書士試験は試験範囲が非常に広く、出題形式が多様です。二択問題以外にも、5者択一や記述式なども出題されるため十分な対策が必要です。総合的な難易度が高く、学習方法がわからなかったり、仕事との両立が難しかったりします。

一方、行政書士通信講座を受講すれば、専門講師が合格に必要なカリキュラムを用いて学習をサポートします。テキストや動画講座、過去も再現演習など様々な対策が用意されています。講座によっては講師に相談できる環境や独自のスケジュール管理ツールが可能なため、独学よりもスムーズに学習が可能です。

通信講座のため、自宅や外出先など好きなタイミングで学習が可能です。勉強と仕事を両立させながら、効率的に行政書士資格の取得を目指して学習を続けられるでしょう。

試験日から逆算して行政書士通信講座を受講しよう

行政書士通信講座を受講する際は、行政書士試験の日から逆算してスケジュールを立てましょう。行政書士の試験は例年11月の第2日曜日に実施されます。試験直前に講座を受講しても間に合うことなく、失敗する可能性が高いです。

そのため、行政書士資格の勉強時間から逆算して受講を開始しましょう。受講から支援まで事案が空いてしまうと十分な準備ができない可能性もあるため、必ず逆算してスケジュールを設定しましょう。

学習期間計算ツールで試験日までの計画を建てよう

下記の学習期間計算ツールを使用すると、一日の学習時間を入力することで目安の学習期間が表示されます。

学習期間計算ツール

行政書士の資格取得に必要な学習時間は800〜1,000時間と言われているため、何の知識もない方は1,000時間を目安に、少し知識がある方は800時間を目安に入力して下さい。

行政書士資格の試験日は令和6年度の11月10日(日)の予定です。しっかり計画を建て、ゆとりを持って学習に取り組みましょう。

関連記事